お電話でのお問い合わせTEL083-925-7912
受付時間 / 9:00-18:00[土日祝除く]
山口のニュース
サンデー山口連載
左:耳環、右:瓦質土器足鍋、(ともに筈倉古墳出土、山口大学埋蔵文化財資料館蔵)
2021.06.03
【おもしろ小箱】No.218「『宝山の一角』筈倉古墳出土品」
 写真は、山口市秋穂半島の南端にある筈倉山の北西斜面に立地していた筈倉古墳から出土したもので、左2点は耳環(耳飾り)、右は足鍋です。古墳は昭和37(1962)年に農業構造改革事業によるミカン園の開墾作業中に発見され、山口大学助教授小野忠熈氏(当時)らによって緊急発掘調査が行われました。調査時にすでに大破して、墳形は不詳ですが、横穴式石室から出土した先述の耳環や鉄製品などから7世紀代のものと考えられ、古墳も同年代に作られたと想定されます。
続きを読む
前後の記事を読む
サンデー山口広告掲載のお申し込み
チラシ・パンフレット等制作のお申し込み
サンデー伝言板のお申し込み